低価格化と短納期化

紙見本帳

同人誌や冊子の印刷は、印刷技術の変化とネット環境の普及によって、低価格化と短納期化が進んでいます。
特に淡い配色の多い同人誌においては、その品質にも妥協は許さない部分もあるためにこれまでは非常に手間のかかるものだったのです。
しかも薄紙を使用することも多いことから、なおさら印刷においては厄介なものだったわけですが、そのような冊子においても業務効率の向上において短い納期での作業が可能となってきています。
同人誌を依頼する人にとってはこれまではわざわざ会社にまで足を運んでデータを持ち込み、そして色合いなどに関する打ち合わせを行うという手間をかけるものでしたが、今ではネットでデータを入稿し、打ち合わせもネット上で済ませることが可能となっています。

誰でも手軽に利用できる

同人誌や冊子の印刷をてがける業者としては、これまでのように専門的な知識を駆使して作業を行うことなく、デジタル化によって比較的手軽に作業できるようになってきています。
難しいパステルカラーのような色合いの再現においても、クライアントの感覚を再現可能となってきているのです。
さらに、オンデマンド機を使用する場合においてはさらに特別な技能は不要となります。
そのために人件費を削減することもできることから費用も大幅に抑えることができるわけです。
デジタル機となるオンデマンドによって、誰でも手軽に作業を行うことができることに加え、設備もそれほど大掛かりなものを必要としないことから、このようなサービスを低価格化で提供する業者が増えてきています。

オススメリンク

漫画を読む3人

どうやって制作するのか

近年、コミケと呼ばれる”アニメなどの同人イベント”がマスコミなどで取り上げられる事が多くなってきています。
テレビのニュース番組でも特集が放送されたりもしています。
その同人イベント参加方法は様々で、同人誌販売でのサークル参加やレイヤーと呼ばれるコスプレイヤー参加と買い物やコスプレイヤー…Read more

コピー機の原稿セット部分

第一段階が終わったら完成はすぐ

第一段階が終わった段階では柄や明暗のないモノクロですので、これに濃淡をつけます。
スクリーントーンを使用するのが一般的です。
薄いフィルムになっているので、これを必要なサイズにカットし原稿用紙に被せるものです。
被せたら濃淡を付けたい部分の線に合わせてカッターで切りこみを入れ、ス…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031